Traveling pelota

Wander Around Aimlessly

MENU

アルバニア・モンテネグロの旅行情報まとめ:費用・宿・移動手段など

f:id:titihenry:20170325222657j:plain

旧ユーゴスラビアには2016年9月に3週間ほど行ってきました。トレッキング目的でしたので地域が偏っていますが、情報の乏しい地域なのでノートを残したいと思います。バルカン半島は緑豊かなので自然好きの方は足を運んでみてほしいです。

 *関連記事:コソボの旅行情報まとめ

費用はどれくらい?

トルコ航空代90,000円と合わせて3週間ほどで160,000円程度でした。生活費は1日3,000〜5,000円ほどで十分だと思います。

・宿泊費 : 10〜20euro(ドミトリーまたはシングル)
・交通費 : 5〜10euro(1時間2〜3euro程度)
・食費 : 2〜5euro

 

下調べはどうしたの?

f:id:titihenry:20170325144138p:plain

ギリシャ・クロアチア間を抜けていくバルカン半島の旅行者は多いです。国境越えなどの移動はブログで最新情報を手に入れられます。通過するだけならガイドブックは地球の歩き方・バルカン半島版(Kindle)でいいかもしれません。

Lonely planet Southeastern Europeの方がハイライトを外さずに書かれています。詳細な情報が欲しい場合には国別でガイドブックが出ているBradtをお勧めします。

 

宿探しは大丈夫?

f:id:titihenry:20170325145421j:plain

国立公園などの山岳部では客引きが多かったり、バス運転手の紹介もあるので容易に見つかると思います。都市は下調べさえしておけば飛び込みでの宿泊も問題ないです。まだまだマイナーな観光地なためかドミトリーはほとんど貸切状態でした。

 

ここがオススメ!

Durmitor National Park ドゥルミトル国立公園

f:id:titihenry:20170325150349j:plain

黒い山(monte negro)という国名なだけありカッコイイ山が多いです。拠点となるŽabljakの中心部にはスーパーマーケットがあるので、自炊しながら数多くのコースを楽しめます。ただしスキーリゾート地なので好みは分かれます。

Vermosh / Theth シュコダル近郊の自然

f:id:titihenry:20170402195731p:plain

シュコダル何もない!とアルバニア国境越えのために通過した人には散々叩かれていますが、海や山への拠点としては重要なポイントです。バルカン半島を抜けると素朴な村が少なくなってくるので、息抜きに立ち寄ってみるのもいいと思います(西欧人は静けさを求めてバルカン半島に南下してくるらしいです。口を揃えて言ってました。。。)

Peaks of the Balkans

f:id:titihenry:20170402170846p:plain

3カ国を2週間かけてトレッキングするルート。旅行会社を通じて事前のビザ取得が必要なようなので(国境を素通りしてしまうため)オススメはできませんが、細切れに立ち寄ってみてもいいと思います。情報収集にはuncornered marketというサイトがオススメです。

 

街と移動手段

f:id:titihenry:20170325150817p:plain

予定を考えるにはバルカン半島のバススケジュールを調べられるBalkanviatorというサイトがオススメです。利用区間の情報は合っていたので目安にはなると思います(現地でも確かめてくださいね!)

 

● Sarajevo → Durmitor National Park  サラエボ → ドゥルミトル国立公園(モンテネグロ国境越え)

f:id:titihenry:20170402173949p:plain

ドゥルミトル国立公園の拠点になるのはŽabljakという村です。同日中に行くには朝8時発のバスに乗ってくさい。ニクシッチ経由で到着するのは夕方になります(合計21Euro・所要9時間)

 

Sarajevo サラエボ

f:id:titihenry:20170325152824j:plain

ラテン橋を渡ってすぐのバス停Trg Austrijeから出ている103番バスで東バスターミナルに行ってください。バスチケットは運転手からの購入です。東バスターミナル周辺には朝食が取れるカフェとお店が数件あります。

Nikšić ニクシッチ(経由地)

f:id:titihenry:20170325142438j:plain

サラエボからですとお昼過ぎに着きます。Žabljakのバスまでは時間があるのでランチも兼ねて散策してみましょう。バスターミナルの北にある広場(徒歩10分程度)にはポップでカラフルな店が並んでいました。

Žabljak ザブリャック (ドゥルミトル国立公園)

f:id:titihenry:20170325150349j:plain

サラエボからですと夕方に着きます。遅い時間の到着でしたが安宿の客引きはいました。街の中心部にスーパーマーケットがあるので食料の心配をすることはありません。国立公園までは20分ほど歩くので中心部より先で宿を探すことをお勧めします。メイン通りから一本入ると安宿が点在しています。

Guest House Dzakovic Stana

f:id:titihenry:20170325152901j:plain

[部屋 20Euro Wifi良好 キッチン有] 内部は山小屋のような木造仕立て。清潔感があり宿泊には問題ありませんでした。

 

●Žabljak → Shkoder ドゥルミトル国立公園 → シュコダル(アルバニア国境越え)

f:id:titihenry:20170325165545p:plain

ほとんどの人はコトル・ティラーナ間を一気に移動するようですが、Old Town Travelが直通バスを出しています。このバスに首都ポドゴリッツアから乗る方法です。

このバスを逃すと沿岸部をバス・タクシーを乗り継ぎながら国境を越えることになります。1日1本しかなので寝坊しないようにしましょう!(合計18Euro・所要5時間)

 

Zabljak(ドゥルミトル国立公園)

f:id:titihenry:20170330064122p:plain

地元の学生がバスに乗るのか混雑していました。ポドゴリッツアでアルバニア直通バスに乗るためには7:26の始発に乗ってください。バス停には早めに行っておきましょう。

Podgorica ポドゴリッツア

f:id:titihenry:20170325222623p:plain

バスターミナルに着いたらすぐさまチケット売り場に直行してください。写真に写っているKARTEの窓口で購入しました。待ち時間は1時間弱あります。

Shkoder シュコダル

f:id:titihenry:20170325222904j:plain

中心部の交差点で降ろされます。アルバニア通貨(Leke)は交差点向こうの両替所で手に入ります。安宿は数多くありますが散在しているので下調べしておいた方が無難です。

Pemaj Hostel

f:id:titihenry:20170325205900p:plain

[ドミトリー7euro Wifi: 良 キッチン: 有] オフシーズンだと観光客が少ないようで占有できました。ホテルで作成した観光マップを使いながらオーナーは親身になって情報を教えてくれます。アルバニア北部にはトレッキングスポットが多いので、じっくり回りたい場合には拠点にしてもいいと思います。

Stadiumi "Loro Boriçi" サッカー場に行こう!

f:id:titihenry:20170325210648j:plain

2018ワールドカップ予選のスペイン対アルバニアでも使われたスタジアムです。バスを降りたら右側の交差点を越えてまっすぐ10分ほど進んでください。チケット売り場で試合日時を聞いてみましょう。空席が目立っていたので当日券でも問題ないように思いました。

 

●Shkoder → Gjakove   シュコダル → ジャコヴァ(コソボ国境越え)

f:id:titihenry:20170326090735p:plain

トレッキングをしてからバスで国境越えするルートです。ここではLonely Planetでもハイライトになっている国立公園を抜けるルートを紹介します。

*山岳部には売店がないので必ずミネラルウォーター(または水を入れるペットボトル)を購入しておいてください!

*コソボへ抜けるだけならティラーナからの直通バスが出ていますし、シュコダルからクルーズを挟んで抜けていくルートもあります(Journey to Valboneというサイトに詳細が載っています。ゲストハウスからの手配も可能です)

 

Shkoder シュコダル

f:id:titihenry:20170330063327p:plain

朝7時発。ゲストハウスでトレッキングすることを伝えればバスを呼んでくれます。バスはホテルまで来てくれるのでお願いした方がいいです(10euro・所要4時間)

Theth テス

f:id:titihenry:20170325223904j:plain

トレッキングコースが複数あるので数日滞在する人が多いようです。売店はありませんがゲストハウスで三食用意してもらえるので快適に過ごせます。

f:id:titihenry:20170330063341p:plain

あとアルバニアのブルーアイはGjirokastraだけではありません。隣村Nderlysaにもあるので行ってみましょう。規模は小さいですがのんびりできます。2時間程度の軽いハイキングです。

Rupa Guest House

f:id:titihenry:20170330063435p:plain

[宿泊+朝食+夕食:20Euro ランチボックス: 3euro] 清潔感のある宿でした。提供される野菜は水々しくて料理も美味しかったです。ウェルカムコーヒー&ウォッカありました。

Trekking to Valbone ヴァルボンヌへのトレッキング

f:id:titihenry:20170402195814p:plain

全長20kmほど。所要8時間。途中にカフェが1件あるだけなのでランチボックスを持って行きましょう。峠までは緩やかな道のりで1000m標高を上げていきます。最初の30分だけはやや急坂です。バックパックを担ぎながらでも問題ないレベルでしょう。前述したuncornered marketも参考になります。

Valbone ヴァルボンヌ

f:id:titihenry:20170325223939j:plain

テスとは対照的に舗装された道が続いています。食事付きの安宿はなく、小さな売店が一つあるだけです。好みもありますが中継地点として泊まるだけの方がいいでしょう。村の東端(テスの反対側)に安宿が数軒あります。

*民家*
[部屋+朝食 10euro] 小学生ぐらいの男の子に声をかけられました。子ども部屋でそのまま寝ました。おそらく普段は人を泊めてないと思います。コーヒーとパスタの簡単な朝食を作ってくれました。

Gjakove ジャコヴァ

f:id:titihenry:20170330063412p:plain

ヴァルボンヌの村には車道が一本しかありません。朝7時にバスが通るので手を上げて止めましょう(1000leke (7euro)・所要2時間)

このバスは基本的にジャコヴァのバスターミナルまでは行かないので、降車時には道を教えてもらうようにしてください。大きな街ではないので苦労はしないはずです。バスターミナル付近にはカフェやお店が点在しています。

 

以上、簡単ではございますがアルバニア・モンテネグロの旅行情報でした。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。