Traveling pelota

Wander Around Aimlessly

MENU

ネパールの旅行情報まとめ:費用・宿・トレッキングなど

エベレスト・ゴーキョピークの記事もあるのでよろしければご覧ください。

f:id:titihenry:20170102164515j:plain

ネパールには2002年と2010年を合わせて4ヶ月ほど滞在していました。隣国のインドみたいな派手さはない代わりに、いつの間にか故郷になってしまう不思議な安らぎのある国です。同じ小国どうしのためか人々とも付き合いやすいのかもしれません。

動物とともにある農作業を手伝ってみたり、毎月のように行われる祝祭に参加したり、長期トレッキングを行ったりと予定はいくらでも作れます。そのため1ヶ月以上過ごす旅行者も多いです。時間の許すかぎり、気ままに過ごしてもらいたい土地です。

旅の費用はどれくらい?

長旅中の滞在でしたので日本からの総額は出せませんが、1ヶ月の目安としては50000円もあれば十分でしょう。<1ルピー=約1円 2010年11月現在>

・宿泊代 : 500ルピー
・移動費 : 1時間20〜50ルピー程度(バスランクにより大きく異なる)
・食事代 : 50〜200ルピー

トレッキングをするにはそれなりにお金がかかりますが、エベレスト街道などのメインルートはガイドなしでも問題ないと思います。日本人はガイド付き率が高いですが、観光客の半分ぐらいは自分たちだけで来ているようでした。

 

下調べはどうしたの?

f:id:titihenry:20170128193459j:plain

ネパールには日本人がたくさん住んでいるので日本語情報はたくさんあります。地球の歩き方を読むなり、現地在住者や旅行者のブログで情報を集めれば問題ないです。

トレッキングを依頼する現地旅行会社は街中に溢れているので困りませんが、押しの強い、詐欺まがいの会社も多いので即決しないように注意してください。

選択肢の一つとして現地日本人も利用しているAlpine Asian Treksをお勧めします。最安値ではありませんがネパール政府からも表彰されていて安心できる会社です。オーナーのシェーカルさんは日本語話せます(でも読み書きは出来ません)

 

宿探しは大丈夫?

f:id:titihenry:20170128193631j:plain

現地に行けば看板はいくらでも見つかります。宿は供給過剰なので選び放題です。ただしハイシーズンのトレッキングルートに限っては早めに部屋を確保した方が無難だとガイドには言われました。

 

トレッキングの基本情報

f:id:titihenry:20170108155043j:plain

トレッキングエリア

ヒマラヤ山脈が北の国境になるネパールには多くのトレッキングスポットがありますが、その中でも有名なのはエベレスト・アンナプルナ・ランタンの3つです。

アンナプルナは日帰りから標高4000メートル越えのロングトレイルまで幅広く選べる地域。エベレストは言わずと知れた世界最高峰の山。チベットとの交易路を歩いていきます。ランタンは高山植物が美しい谷として有名です。

どのルートを選んでも時間をかけて登れば難しいことはないでしょうが、季節に合わせた防寒具だけは用意するようにしてください。

時期

行くなら10月から5月までの乾季。ただし10,11月は閉口するような混雑でした。12月以降は寒いですが空気が澄んでいるので眺めは良いようです。

6月から9月までは雨期になってしまいます。スコールの雨雲が山間に溜まるためトレッキングスポットでは視界が利かなくなります。ただし高山植物を目的とするなら狙い目だそうです。

装備

装備一式は街のお店でレンタルできます。例えばトレッキングが終われば使わなくなる寝袋は買わなくてもいいでしょう。ただしネパールにはほとんど正規品はありません。トレッキングに馴染みがない人は、迷ったら温かい方の装備を選ぶようにしてください。標高4000メートル以上の山間部は想像以上に寒いです。

 

印象深かったところ

年中行われる祝祭

神様が多く住まうネパールはその分だけ祝祭もあります。滞在中も毎週のように話を聞かされたものです。女性だけ休日、カトマンズ盆地だけ休日なんてこともあり、細かく追っていたらそれだけで年が終わってしまいそうでした。ここでは最も有名なものの一つであるティハールを紹介しておきます。

ティハール

f:id:titihenry:20170102172108j:plain

ティハールとは「光の祭」のこと。ラクシュミー女神を家に迎えて富と繁栄を祈る祝祭。花輪にしたマリーゴールドをお店や家の玄関などに飾ります。華やかなほどラクシュミー女神を誘い込めるのだそうです。この時期の通りは花売りだらけで歩けなくなるほどの賑わいようです。

f:id:titihenry:20170102183813j:plain

ラクシュミー女神に振り向いてもらうために皆さん気張って飾り付けをするのですが、やはり貴金属店の通りだけは遠くからでも分かるほど別格。富が集まってしまうのも頷かざるをえないほどの贅沢さです。

f:id:titihenry:20170102182759j:plain

ラクシュミー女神を誘い込むためにこうして通り道を作ります。この家ではまずアイスクリームで道を作り、その上から花を撒いていました。なぜアイスクリームなのか尋ねると「女の子は甘いものが好きでしょう」とのこと。お金持ちに負けないように知恵を絞ってるみたいです。

f:id:titihenry:20170102182814j:plain

欲張りさんになるとラクシュミー女神の足跡をつけてしまいます。すでに家に入ったのだから今年の金運は間違いなしということらしいです。ネパールの祝祭はユーモアのあるものばかりです。裏話を探りながら楽しんでみてください。